日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

スマホのカメラを利用した静脈認証
フィンテックでの活用に向け精度評価試験を公開実施

 ユニバーサルロボット(株)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所と共同で、同社が開発したモバイル端末(スマートフォンやタブレット)のカメラを利用する静脈認証製品の精度評価試験を、2016年9月21日(水)から10月2日(日)まで、公開で行っている。
 今回実施している公開試験では、スマートフォンの所有比率から算出した男女3,000名を被験者に、国際的な規準(ISO/IEC 19795)で定められた精度評価試験方法で行っている。
 一般的に精度評価は、登録と照合を同じ場所や環境で行うが、同社の静脈認証製品は、モバイル端末での利用を前提とすることから、モバイル生体認証ならではの考慮すべき項目の条件試験もあわせて実施している。
 光源環境の変化については100ルクス(暗い室内)、900〜1,000ルクス(標準的な室内の明るさ)から10,000ルクス(屋外日陰相当)での試験を、さらに、座って認証する、立って認証する試験を行うほか、揺れや振動、水に濡れた手やハンドクリームを塗った手などの精度への影響も算出する。

◆金融業界で生体認証への注目が集まる
 昨今、スマートフォンなどを利用した金融サービスが拡大するなか、モバイルバンキングアプリへのログインや各種オンライン決済における認証方式として生体認証の導入検討が急速に進んでいる。
 それとともに、生体認証製品の安全性や信頼性に対する要求が高まっている。

◆生体認証製品へのCC認証の導入を推進
 一般的に生体認証の精度評価尺度としては登録失敗率(FTE)、本人誤拒否率(FRR)、他人誤受入率(FAR)で表されるが、生体認証の性能や精度について客観的に安全性を確認する手段がなかったため、これまでは生体認証のベンダーが独自で評価したFTE、FRR、FARを信頼するしか方法はなかった。
 こうした状況を鑑み、より客観的なセキュリティ評価を可能にするために、産業技術総合研究所らは、経済産業省の委託事業として、生体認証製品のCC(Common Criteria)認証のための活動を進めている。
 国内有識者や同社を含む国内の生体認証ベンダーの協力の下、2015年度までに生体認証製品のプロテクションプロファイルを作成した。
 生体認証製品のCC認証では、独立した第三者評価機関により、生体認証製品の精度評価と、生体を模した偽造物からの脅威に対し十分に対抗できるように適切に設計され、正しく実装されているかを判定する脆弱性評価が主対象となる。
 同社では、すでにCC認証の申請を済ませ、評価認証のプロセスに入っているが、今回実施している精度評価試験は、CC認証取得のための評価証拠資料を作成するためのもの。
 データ偽装などが社会問題化するなか、今後、金融機関をはじめ生体認証を採用する企業が国際的に定められた客観的な規準で製品を評価認証するCC認証を条件とすることが期待される。
  なお、今回のCC認証にあたっては、産業技術総合研究所が委託事業の一環として、2016年度におけるパイロット評価認証に関する共同研究を行う企業を公募し、同社のモバイル静脈認証製品が採択されたことから共同で実施している。

ユニバーサルロボット(株)
http://www.urobot.co.jp

2016年9月26日発信

 
 
会社案内お問い合わせ