日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

「Lアラート」一般情報伝達者の認定取得
クラウドデジタルサイネージにて「災害情報」を伝達開始

 (株)CEホールディングスの子会社で、医療情報システムの企画、開発を行う(株)ディージェーワールドは、一般財団法人マルチメディア振興センターが提供する「Lアラート(災害情報共有システム)」を利用した緊急時の災害情報の「一般情報伝達者」の認定を受けた。
 これにより、同社が運用管理しているクラウドデジタルサイネージシステム「DJ-Signage」(ディージェーサイネージ)及び、(株)シーエスアイが販売する医療機関向けの「MI・RA・Is/Signage」(ミライズサイネージ)にて、Lアラート情報伝達を随時開始する。
 Lアラートは、安心・安全に関わる公的情報など、住民が必要とする情報が迅速かつ正確に住民に伝えられることを目的とした情報基盤。
 地方自治体、ライフライン関連事業者など公的な情報を発信する「情報発信者」と、放送事業者、新聞社、通信事業者などその情報を住民に伝える「情報伝達者」とが、この情報基盤を共通に利用することによって、効率的な情報伝達が実現できる。
 近年、見やすくわかりやすい情報伝達手段であるデジタルサイネージ(液晶やLEDディスプレイを用いた電子看板)は、様々なコンテンツを届けられることから、その普及が急速に進んでいる。
 他方、東日本大震災や熊本地震など、相次ぐ自然災害の発生から、災害情報を国民一人ひとりにわかりやすい形で迅速かつ的確に伝えるための仕組みの構築が喫緊の課題となっている。
 デジタルサイネージはその性質上、公共性の高い場所への設置事例が多く、緊急時に迅速な情報提供が可能であることから、緊急事態発生時にはデジタルサイネージが緊急放送へ自動的に切り替わることで情報伝達ツールとなり、地域住民に正確な情報提供が可能となる。
 そこで、同社が運用管理しているクラウドデジタルサイネージシステムなどでも災害情報を伝達できるよう、今回認定を取得した。 

(株)ディージェーワールド
TEL 011-827-8330

http://www.hokkaido-degital-signage.jp/

2016年9月26日発信

 
 
会社案内お問い合わせ