日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

都市型災害の発生を想定した 避難訓練での行動を見える化
東京都公園協会主催の「都市型被災訓練」に協力

 サイバートラスト(株)と(株)ユビキタスは、2016年9月3日(土)から4日(日)まで東京都代々木公園で実際にキャンプをしながら防災訓練を行うShibuya Camp 2016(主催:東京都公園協会、共催:一般社団法人Project72、後援:渋谷区)において、スマートフォンとクラウドを活用した避難経路モニタリングシステムを支援提供した。
 Shibuya Campは、都心で大規模な地震が発生したことを想定し、代々木公園での1泊2日のキャンプを通じて、自分を助ける力を磨く新しいスタイルの防災訓練で、その一環として、渋谷の繁華街を避難し、その避難経路が発災時に安全かどうかを検証し、正しい避難経路の選び方を身につけるフィールドワークを実施している。
 実際の発災にあたっては、72時間をどのように生き延びるかが重要とされている。
 しかし、都市型災害と呼ばれ懸念されるとおり、繁華街やオフィス街は、地震や火災などによって破壊された建物や落下物などによって、平時には最短の経路であっても、発災時には極めて危険な経路に変化する場合がある。
 Shibuya Campでは、参加者が安全と判断して実際に歩いた避難経路の危険性を図上で検証し、発災時には危険なエリアを迂回し、安全なルートで確実に避難できる能力の育成に取り組んできたが、ルートの妥当性の検証をより具体的にわかりやすくしたいという要望があった。
 一方で、経路を検証するためには、多数の時々刻々と変化する個人の位置情報を、なりすましを防ぎ暗号化してクラウドシステムに送信し、かつ、高速にデータベース化する必要があり、また、第三者による個人情報の目的外使用がなされないように、確実な個人認証が必要であった。
 今回、サイバートラストとユビキタスが提供した位置情報確認アプリは、あらかじめスマートフォンに格納された電子証明書で本人認証を実施してなりすましを排除、さらにクラウドシステム側でも電子証明書を設定しSSL通信で暗号化を実施した上で、高速にデータ収集・蓄積を行う。
 これによって「いつ」「誰が」「どこ」という情報を安全にデータベース化でき、電子証明書によって認証された人だけが見える化システムにアクセス可能となる。 

サイバートラスト(株)
https://www.cybertrust.ne.jp/

(株)ユビキタス
http://www.ubiquitous.co.jp/

2016年9月5日発信

 
 
会社案内お問い合わせ