日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

日本初登場Apple Home Kit(TM)対応
スマートロックdanalock V3の販売開始

 (株)M2モビリティーは、2017年12月よりデンマークのポリーコントロールが開発したスマートロック製品「danalock」の新製品 danalock V3の出荷を開始する。また出荷に先だち総合オンラインストアAmazon.co.jpの商品ページで予約を開始。
 なお、11月15日より東京ビッグサイトで開催される「産業交流展2017」にて製品の展示、実演を行う。
            

 

 



 


                   

 
◆主な特徴
・日本で使用可能なスマートロックとして初めてアップルのホームキットに対応
・iOS 10以降に標準インストールされているHome KitアプリメニューまたはSiriの音声を使用して鍵の開閉が可能になる(遠隔からの操作にはApple TV第4世代またはiPadが必要)
・ベンダーの標準スマホアプリを使用した操作も可能(アプリの使用は無料)
 iOSではホームキットメニュー及びベンダースマホアプリ、アンドロイドはベンダースマホアプリでの利用となる
・物理的なつまみにより視覚的に操作が判りやすくなった
・シンプルなデンマークデザイン
・クラッチ機構の採用により操作が軽くなった
・筐体が旧製品(V2)に比べ40%小型化された
・鍵の開閉速度が2倍に高速化された
・電池の持続時間が1.5倍となり2年間(10回/日使用前提、最大9,000回)に延びた
・鍵の取り付け/取外しが簡便になった(ツイストロック機構)
・日本のMIWA LA,GOAL LXの他、米国、欧州の鍵にも対応
・アップルのホームキットに対応(MFi認証取得)
・OTAによるファームウェア更新に対応
・AES 256ビットの暗号化を採用
・決済端末等にも使用されているTPM(Trusted Platform Module)チップの採用で万全のセキュティーを確保(スマートロックで業界初)
・iOS 8.0以降、Android 6.0以降に対応

(株)M2モビリティー
http://www.danalock.jp

2017年11月13日発信

 
 
会社案内お問い合わせ