日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

原子力災害に関わる情報発信を こんな時どうする?
「原子力防災シミュレーション」開設
「それが知りたかった!」5分でわかる体験シナリオ

  一般財団法人 日本原子力文化財団は、一般の方々に向けた情報提供として、ウェブページ「原子力防災シミュレーション」を開設し、公開した。
 日本では過去の災害を教訓に、各地域の地形特性に応じた防災教育が充実しつつある。しかし、原子力発電所などの施設に関わる災害時に必要な「原子力防災」の具体的な内容は十分浸透しているとはいえない現状がある。
 そこで今回は、原子力発電所で災害が発生した場合に備え、どのような準備と行動が必要となるのか、シミュレーションで学べるコンテンツを制作。
 原子力発電所の近隣に住んでいる人はもちろん、親戚や親しい友人が住む地域、旅行先の地域などでも、原子力発電所の災害は起こるかもしれない。また、居住の地域が避難の受け入れ先になることもある。
目には見えない放射性物質から身を守るため、より多くの国民の活用を望まれる。

◆公開コンテンツ
・原子力災害って何だろう?
・災害が起きたら、どこから情報が来るの?
・どこに避難すればいいの?
・学校に行っている子どもはどうなる?
・そもそも放射線って?被ばくって?
・放射性物質から身を守るには? など

一般財団法人 日本原子力文化財団
http://www.ene100.jp/bousai/sp/

2017年4月17日発信

 
 
会社案内お問い合わせ