日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

ファイル無害化「Fast Sanitizer」とメール無害化「CyberMail-ST」を連携
ランサムウェア/標的型攻撃防御をオンプレ&クラウド型で実現

 (株)プロットはファイル無害化エンジン「Fast Sanitizer(ファストサニタイザー)」がサイバーソリューションズ(株)が提供する標的型攻撃対策に有効なメール無害化ソリューション「CyberMail-ST(サイバーメール-エスティー)」と連携することを発表した。
 ランサムウェア、標的型攻撃、サイバー攻撃の進化とそれによる被害に拡大が止まらない。従来の「パターンマッチング」に依存するセキュリティ対策は限界にきているとともに、企業保護するために必要かつ適切なセキュリティ対策が求められる。今回、サイバーソリューションズが提供する「CyberMail-ST」と連携し、メール本文内の脅威となり得るURLの非リンク化や、添付ファイルをFast Sanitizerにより自動的に無害化の上、メールに再添付することで、標的型攻撃による情報漏えいを防ぐ。
 提供は、オンプレミス型は2017年8月上旬、クラウド型は2017年7月中旬を予定している。

◆Fast Sanitizer と CyberMail-ST の連携ソリューション機能概要
・添付されたファイルは、Fast Sanitizerにて無害化処理を行い、無害化済ファイルを再添付。
・全件メールをCyberMail-STにて無害化処理を行い、イントラネットセグメントに転送。

Fast Sanitizer :http://www.fastsanitizer.jp/
メール無害化ソリューション :http://www.cybersolutions.co.jp/sanitizing/

(株)プロット
TEL 0120-40-2610
https://www.plott.co.jp/

2017年6月19日発信

 
 
会社案内お問い合わせ