日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

第14回ぼうさい探検隊マップコンクール入選決定
延べ参加団体数が5,000を突破!

 (一社)日本損害保険協会は、第14回「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」の入選作品を決定した。
 全国47都道府県の小学校や子ども会・児童館・少年消防団など538の団体から16,370人の児童が参加し、2,582作品が寄せられ、コンクールの第1回目からの延べ参加団体数が5,000団体を超えた。更に複数回応募団体の割合が全体の約6割を占めるなど、ぼうさい探検隊の取り組みが地域に定着してきた。
 また、今回入選した団体からは、このぼうさい探検隊マップを通じて「通学路の危険に気づき、安心安全な通学」を提案したところ、通学路が変更となり、自分たちの活動でより安全につながった、といった喜びの声が寄せられている。
 この活動が地域を変えるきっかけになり、各地域でもこれまで多くのまちの改善が行われている。協会ホームページではこうした事例なども取りまとめている。
 過去の改善例:http://www.sonpo.or.jp/efforts/reduction/bousai/bousai_sp/bosai_map.html

◆各テーマの作品の特徴
・「防災」をテーマとした作品の特徴
 地震や津波が発生した際に、避難場所までの所要時間や避難経路上の課題など「避難」をテーマにした作品や、過去に発生した災害史の情報などをマップに盛り込み、総合的な防災学習として取り組んでいる団体が多かった。
・「防犯」をテーマとした作品の特徴
 行政・地域の人にインタビューを行い、危険なところではどのように注意するかのメッセージを記載した作品が多かった。また、第13回に続き、「い・か・の・お・す・し」を紹介するなど、不審者への注意を促す作品も多かった。
 「い・か・の・お・す・し」とは、防犯標語 「いかない」「のらない」「おおきな声で呼ぶ」「すぐ逃げる」「しらせる」のこと。
・「交通安全」をテーマとした作品の特徴
 自転車に乗る機会が増えたことをきっかけに身近な自転車にテーマを絞った作品や、自動車の交通事故を調べた作品、事故に遭わないように通学路の危険箇所を指摘し、ドライバーと歩行者・自転車が気を付けることを再確認する作品が多かった。

 なお、表彰式は1月27日(土)に損保会館(東京都千代田区神田淡路町2-9)で開催する。

(一社)日本損害保険協会
http://www.sonpo.or.jp/

2018年1月9日発信

 
 
会社案内お問い合わせ